D×K

ツムテンカクEX.にて「hino kino kino stick」ワークショップを開催します

2014年5月24日(土)・25日(日)に大阪・新世界を中心に開催されるアートイベント「ツムテンカクEX.」に、D×Kが参加します。

http://tsumutenkaku.com/

2月の「第77回東京インターナショナルギフトショー春2014」にてIKEMOKUブランドより発表されたヒノキのスティックを組み合わせて作るDIYキット「hino kino kino stick Mobile Stand」。
今回は「ツムテンカク特別仕様色モデル」を、会場にてその場で作ってお持ち帰りいただけます。店頭販売用のパッケージ、内容物などは付属しません。

なお、5月現在関西での店頭販売が行われていないため、ワークショップ用の「ツムテンカク特別仕様色モデル」とは別に、パッケージ入り店頭販売仕様の3タイプもご用意しております。こちらは在庫限りとなりますので、お早めにお求めください。

「hino kino kino stick」の販売が始まりました

2014年2月に開催された「第77回東京インターナショナルギフトショー春2014」にてIKEMOKUブランドより発表されたヒノキのスティックを組み合わせて作るDIYキットのシリーズ「hino kino kino stick」。
この第一弾商品となる「Mobile Stand」の販売が4月より開始になりました。

hino kino kino stick

取扱店舗は首都圏(新宿・渋谷・池袋)の東急ハンズ・LOFTなどの大型雑貨量販店。店頭販売価格は2,500円となっています。
「hino kino kino stick Mobile Stand」は高知県産のヒノキのみを使用し、色付きのパーツは木目を美しく見せにおいの少ない水性ステイン塗料で着色。

カラーバリエーションは黄色と緑の入った「Pine」、青とピンクの入った「Pail」、オレンジと茶色が入った「Crisp」の3種となります。アンティーク感のあるシック色合いは幅広いインテリアと合わせやすいカラーリングです。
パッケージには接着用の木工用ボンドと組立時に目安となる寸法表が同梱されているため、事前に道具を準備することなく買って来てすぐに作り始めることができます。

「第77回東京インターナショナルギフトショー春2014」出展協力

2014年2月5日(水)~7日(金)の日程で東京ビッグサイトで開催された「第77回東京インターナショナルギフトショー春2014」にて、高知県仁淀川町にある「池川木材工業」のヒノキブランド〈IKEMOKU〉シリーズが発表されました。

IKEMOKU

池川木材工業・IKEMOKU
http://www.ikemoku.co.jp/exhibition/

IKEMOKUシリーズにおいてはこれまで池川木材工業が社内外で行って来た山と地元の暮らしに基づく取り組みを「山と活きる」というフレーズに集約、改めてブランドテーマとして掲げ、山の管理から製材、商品の製造まで一貫して行う同社の資源循環型のものづくりをPRしました。

IKEMOKUシリーズの企画にはD×Kがデザインコラボとして参加しており、ビジュアルイメージ、ロゴ、新商品企画、展示ブースデザイン、会場で配布したリーフレット、ウェブサイトなど総合的なブランディングをお手伝いしました。
会期中の展示の様子は上記IKEMOKUサイトからご覧いただくことができます。

『年鑑日本の空間デザイン2014』にトサノキブースが掲載されています

DSA賞をいただいた「Living & Design 2012 トサノキブース」の掲載された書籍が2013年12月12日に発売されました。

年鑑日本の空間デザイン2014
出版社:六燿社
ISBN:978-4-89737-755-1
定価 18,900円(本体18,000円)

六曜社の紹介ページ
https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4362/

『年鑑日本の空間デザイン』は、過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として1973年に創刊され、今年で41冊目となります。

日本が誇る空間デザイン4団体、日本空間デザイン協会(DSA、2012年2月1日より名称をDDAより変更)、日本ディスプレイ業団体連合会(NDF)、日本商環境デザイン協会(JCD)、日本サインデザイン協会(SDA)による各コンペティションで厳正に選ばれた作品を図版とテキストデータで紹介。
約620点の作品を掲載。