D×Kプロデュースの「トサノキ」展示ブース 空間デザイン賞2013年度エキシビジョン・プロモーション部門にてDSA賞(入賞)受賞

ディーバイケー D×K

D×Kが高知県の企業とコラボレーションし、LIVING&DESIGN 2012に出展しました「トサノキ」の展示ブースが、一般社団法人 日本空間デザイン協会が主催する空間環境系のデザイン賞「空間デザイン賞」の2013年度エキシビジョン・プロモーション部門にてDSA賞(入賞)を受賞いたしました。

DSA日本空間デザイン協会:「空間デザイン賞」とは
http://www.dsa.or.jp/des/des.html

皿田 中田
小松

展示設計チーム

  • 中田 哲
  • 皿田 亮朋
  • 小松 有紀

今回この展示を行うにあたりコラボレーションした池川木材工業は、自社の山から切り出した木を使用した国産スノコを製作しており、木を無駄にすることなくあまさず使い切るという同社の精神をブースでも表現することに務めました。

スノコ製作時に発生する端材(85×10×850mm、27×27×850mm)2種類だけを使用した展示棚および展示台を設計。端材ゆえの制約された状態からいかに自由に展開できるかを考慮するとともに、可動棚形式として商品レイアウトに自由度を持たせ、さまざまな展示スペースに設置できるように拡張性を持たせました。

また、撤収時の解体作業時間は1時間程度。手押しの台車に搭載することが可能で、場所を変えて繰り返し設営できる移動展示空間です。